第28回年次大会 (過去の年次大会はこちら 第27回 第26回第25回第24回第23回第22回

 


日本経営分析学会第26回年次大会 プログラム

統一論題 「企業開示の潮流と経営分析」
 

印刷用PDFファイル

日時 2009年6月6日(土) 9:00〜受付開始
会場 東洋大学白山キャンパス 6号館
    〒112-8606 東京都文京区白山5-28-20

■ 9:30−11:00 自由論題報告(報告20分、コメント、質疑を合わせて10分)・ホスピタリティセッション(報告30分)

 

1会場(6217教室)

2会場(6216教室)

3会場(6218教室)

 

自由論題

自由論題

自由論題・ホスピタリティセッション

 

司会 須田一幸(早稲田大学)

司会 増子敦仁(東洋大学)

司会 井上博文(東洋大学)

9:3010:00

報告者:森健(筑波大学大学院)・白田佳子(筑波大学)
「倒産企業におけるメインバンク取引店舗との距離に関する研究」
コメンテーター:
井口義久(淑徳大学)

報告者:島田康人(名城大学)
「日本企業におけるキャッシュ・フローの利用の相違と企業業績の関係性」
コメンテーター:
奥村雅史(早稲田大学)

報告者:佐藤英彦(CFTM
「リストラ資金無しのリストラ」

コメンテーター:
中嶋教夫(明星大学)

10:0010:30

報告者:石井宏宗(明治大学大学院)
「訴訟証拠資料としての経営分析とそのあり方」
コメンテーター:
西海学(愛知学院大学)

報告者:中島真澄(福島学院大学)
「会計発生高の質とキャッシュ・フロー予測における内部統制報告制度の影響
―SEC基準わが国企業に基づく実証研究
コメンテーター:
奥田真也(大阪学院大学)

ホスピタリティセッション

報告者:中村裕
(日本ホテル協会会長)
「ホテル業界の現状と将来」

10:3011:00

報告者:花村信也(みずほ証券)
「M&Aと株価効果の検証 −
2000年以降のM&Aデータの実証−」
コメンテーター:
一ノ宮士郎(専修大学)

報告者:柴健次(関西大学)・本間基照(インターリスク総研)
「経営と企業リスク/
RIMの活用」
コメンテーター:
亀川雅人(立教大学)

ホスピタリティセッション

報告者:巌谷龍(KPMG FAS)
「グローバル・ホテル
企業における競争優位性に必要なユニフォームシステムについて」

■ 11:00−12:10 研究会セッション(報告各20分、質疑応答は最後にまとめて10分)

 

1会場(6217教室)

2会場(6216教室)

3会場(6218教室)

 

M&A研究会セッション

大阪研究会セッション「非営利組織の分析の試み」

名古屋研究会セッション

 

司会 文堂 弘之(常盤大学)

司会 柴健次(関西大学)

司会 向伊知郎(愛知学院大学)

11:0011:20

田中佑児(みずほ証券)
M&Aと課税制度」

向山敦夫(大阪市立大学)
「非営利組織とCSR

山西佑季(名古屋大学大学院生)
「多国籍企業における為替換算調整勘定の有用性」
 

11:2011:40

古山徹(日経メディアマーケティング)
M&Aと情報開示制度」

田村香月子(関西大学)
「格付けによる地方債の評価とその影響」
 

浅野敬志(首都大学東京)
「所在地別セグメント情報の質と海外利益の評価」

11:4012:00

杉浦慶一(日本バイアウト研究所)
M&Aと組織再編・事業再生制度」

1140-1150
質疑応答

木村敏夫(流通科学大学)
「監査法人交替企業の経営分析−ケーススタディ」

12:0012:10

質疑応答

 

質疑応答

■ 12:10−13:10 昼食(6215教室、6214教室)

■ 13:10−13:20 会長挨拶(6217教室)

■ 13:20−14:00 会員総会(6217教室)

■ 14:00−16:00 統一論題報告(6217教室、各報告者25分×4、討論者のコメント20分)

統一論題 「企業開示の潮流と経営分析」
司会:黒川行治(慶應義塾大学)

14:0014:25

佐藤倫正(名古屋大学)
「国際会計の潮流と経営分析」

14:2514:50

八田進二(青山学院大学)
「企業情報開示の新潮流と課題―内部統制報告制度の果たす役割を中心に―」

14:5015:15

坂上学(法政大学)
EDINETへのXBRL導入の可能性と課題」

14:1515:40

中村義人(東洋大学)
「非財務情報の開示とその信頼性の確保−社会・環境情報の保証業務について−」

15:4016:00

コメンテーター:宮本順二朗(帝塚山大学)

■ 16:00−16:15 休憩

■ 16:15−17:15 統一論題シンポジウム(6217教室)

統一論題 「企業開示の潮流と経営分析」
司会:黒川行治(慶應義塾大学)

パネリスト

佐藤倫正(名古屋大学) 八田進二(青山学院大学)
坂上学(法政大学) 中村義人(東洋大学)
宮本順二朗(帝塚山大学)

■ 17:30−19:30 懇親会(スカイホール)

【CPE認定プログラム】
 本大会は、公認会計士の継続的専門研修制度CPEの認定を受けています。履修単位は午前の自由論題報告で3単位、午後の統一論題報告・シンポジウムで3単位です。CPE認定研修承認番号は21−19、研修コードは500106です。

【会員控室】 会員控室は、6215教室です。どうぞご利用ください。

 

□□□ 参加要領 □□□

【お申し込み・大会参加費等】

同封のゆうちょ銀行、郵便局に備え付けの郵便振替用紙にて大会参加費などをお振込みください。お振込み手続きを持って参加申し込みとさせていただきます。準備の都合上、522()までにお手続きください。なお、当日振込用紙もしくは控え(コピー可)をご持参ください。

(大会参加費など)

 

事前申し込み(郵便振替)

当日申し込み(現金払い)

大会参加費

3,000

4,000

懇親会参加費

4,000

5,000

弁当代

1,000

 

 郵便 00140-4-318450
 口座名:日本経営分析学会26回年次大会実行委員会


※郵便振替の払込手数料は、参加者負担とさせていただきます。
※大会参加費は、事前申し込みと当日申し込みで金額が異なります。ご注意ください。
※学会当日は学祖祭で全学休校のため、学食が営業しておりません。昼食はできる限りお弁当をご注文いただくよう、お願いします。
 

白山キャンパス

都営地下鉄三田線「千石」駅 A1出口から「正門・西門」徒歩8
都営地下鉄三田線「白山」駅 A3出口から「正面・南門」徒歩5分、A1出口から「西門」徒歩5
東京メトロ南北線「本駒込」駅 1番出口から「正門・南門」徒歩5
 

日本経営分析学会第26回年次大会 大会実行委員会

大会実行委員長 井上博文(東洋大学)
大会実行委員  秋本敏男(東洋大学)
増子敦仁(東洋大学)
古山徹(日経メディアマーケティング)

連絡先 〒
112-8606 東京都文京区白山5-28-20 東洋大学 経営学部 増子研究室
電話:
03-3945-4918(増子研究室) E-MAILmashiko@toyonet.toyo.ac.jp
お問い合わせはなるべく
E-MAILでお願いします。